インクジェットプリンタを選ぶ際の注意点

インクジェットプリンターは、高精細な印刷ができる点が人気で、各家庭にも普及しています。レーザープリンターに比べると初期導入コストが安いのも魅力で、1台当たり1万円をきる価格帯の商品もあります。パソコンとつなぐことで簡単にWEBページを印刷することが出来るだけでなく、最近ではWi-Fi環境下でスマートフォンやタブレットなどからでも自在に印刷ができるタイプも人気となっています。様々なメーカーから毎年新機種が発売になっていますが、購入する際にはどのような点に注意すればよいのでしょうか。プリンターを選ぶときには、まず用途や使用頻度を決めることが重要なポイントです。メーカーや機種によって1枚当たりにかかるコストは異なりますので、そのあたりも視野に入れる必要があります。

イニシャルコストを安くしたい場合

インクジェットプリンターを購入する際には、写真を印刷する機会が多いのか、主に文書が多いのか、それらは一か月にどのくらい利用するのかなどをあらかじめ整理しておくのがおすすめです。メーカーや機種によって写真や文書など、どの印刷を得意とするのかが異なりますし、印刷のクオリティを重視したいのか、1枚当たりにかかるコストをできるだけ安くしたいのかなど、ユーザー側の希望もそれぞれ異なります。初期導入コストを安くしたいと居方の場合は、1万円以下で販売されているモデルがありますので、その中から選ぶことになりますが、インクトナーが高い場合がありますので、注意が必要です。印刷にかかるコストを安くしたい場合は、インク代も考えてメーカーや機種を選ぶのがおすすめです。

ランニングコストを下げて印刷したい方に

インクジェットプリンターを選ぶ際、気を付けたい点としては置き場所も重要です。置く場所が限られている場合、実際に購入して設置してみたら窮屈になってしまうということもすくなくありません。設置する場所をあらかじめ採寸し、余裕を持ったサイズを選ぶのが重要です。できるだけ高精細な写真やカラー印刷を希望する方は、上位機種を選ぶのがおすすめです。上位機種では廉価なモデルに比べると使われているインクのカラー数が多いため、より高精細な印刷をすることが可能です。その分インク代はかさみますが、綺麗な印刷をすることが可能ですので、写真を頻繁に印刷する方は検討してみてはいかがでしょうか。インク代が気になる方は、社外品のインクトナーを使うことで、ランニングコストを下げることが出来ます。