インクジェットプリンタにかかる費用

インクジェットプリンタは、その高精細な印刷のクオリティと印刷機器本体がリーズナブルで購入しやすいため、多くの過程に導入されています。一般的にはパソコンとつないで書類やWEBページなどを印刷するのに使いますが、最近ではWi-Fiの環境下で離れていてもスマートフォンやタブレットから配線することなく印刷を行うことができます。インクジェットプリンタは、数千円で購入できるモデルから数万円の上位機種まで様々なタイプがあります。スキャナーやファックス、コピー機能がついているかどうかによっても価格は異なりますが入門機で1万円程度購入できるメーカーが多い傾向にあります。購入してからかかる費用としては、インクトナーや用紙を購入する費用で、これらのランニングコストを減らすことで、印刷のコストパフォーマンスを向上させることが出来ます。

インクトナーの購入費用がかさむ場合も

インクジェットプリンターを購入してからかかる費用で割合の高いものにインクトナーの費用が挙げられます。インクトナーは印刷機器のメーカーの純正品を購入すると、全色セットでプリンタの入門機が買えてしまうほど高いケースもあります。全色セット数千円かかりますし、上位機種になると色の数も増えますので、更に高額になります。プリンター本体よりもインクトナーに費用が掛かり、それが印刷にかかるコストを上げる理由となっています。最近では純正品でなく社外品のインクトナーに切り替える方が増加傾向にあり、その価格の安さが支持されています。社外品は家電量販店やインターネット通販で購入することが出来ます。メーカーによって異なりますが、一般的には純正品の半額以下で購入可能です。

社外品を導入することでコストカットが可能に

社外品のインクトナーを購入する事で、印刷にかかるコストを大幅に削減できるようになったという口コミは多く寄せられています。プリンタは機械そのものよりもランニングコストがかかるのが悩みという方も多く、最近では社外品のトナーと扱うネットショップも増えています。様々なメーカーが社外品のインクトナーを扱っていますが、評判の良いメーカーのものを選ぶと、機会に不具合も起きにくく、高精細な印刷が可能になります。評判の良いインクトナーの場合、純正品のインクトナーで出力したものとほとんど遜色ないのが特徴で、純正品から社外品に乗り換えてよかったという声も寄せられています。社外品を扱うショップでも製品保証がついていますし、各種サポートも導入されていますので、費用を抑えたい方におすすめです。