インクジェットとトナーの違いとは

今や家庭や会社で必ずといっていいほど、パソコンは普及しています。パソコンで作成し書類、メールで送られてきた資料など、すぐに書面化できてとても便利です。家庭でもカメラでとった写真をパソコンに取り込み、すぐに写真として印刷することが出来ます。その時に必要なのが「プリンター」。インターネットで必要な書類を印刷したり、年賀状や名刺などを使える用途は様々あります。おかげで、わざわざ書類を取りにいく手間を省けたりもします。そのプリンターには主に2種類のタイプ、「インクジェット方式」と「トナー方式」があります。インクジェットは家庭で一般的に使われるプリンターに使われていて、会社などで使われる「レーザープリンター」はトナー方式になります。この二つの違いについて説明していきます。

印刷方式の仕組みの違いについて

インクジェットプリンターは、インクを極小化して直接用紙に噴きつけることで印刷方法です。インクを極小にする方法はメーカーによって様々ですが、熱や圧を加えたり、超音波を使う方式もあります。一般的に家庭で使用されているプリンターは、加熱することでインクを気泡化して吹き付けるサーマル方式と圧を加えると変形する圧電素子を利用したピエゾ方式が使われています。トナー方式を使うレーザープリンターは、感光体にレーザーを使い、印刷する文字や画像の形を描き、トナーを付着させて印刷します。もう少し詳しく説明すると、感光体ユニット(=ドラム)という黒い筒の上に、静電気の力でトナー(=粉)を乗せて、そのトナーを紙に押し付け、さらに熱を加えて定着させることで印刷しているのです。

印刷方式のメリットとデメリットについて

インクジェットプリンター第一のメリットとして、色の再現性が高いことでしょう。ただ、普通用紙を使ってカラー写真を印刷すると色が滲む場合があり、写真など色あいを重視する場合は光沢紙のような特殊な紙を使うと良いでしょう。また本体の価格も安く、消費電力も少ない点もメリットとなります。ただ、インクカートリッジが小さいので、印刷頻度が多くなるカートリッジ交換も多くなりコストが高くつきます。また、印刷に時間がかかるところもデメリットとなります。レーザープリンター(トナー方式)こちらの第一メリットは印刷時間が早いことです。そして色が滲まないので、普通紙でもカラー印刷がきれいです。定着性が良いので耐久性も良いでしょう。一方、色の再現率は低くなります。また本体価格が高く、大きいことから、トナー交換やメンテナンスの際にコストがかかります。大量印刷をする場合は、印刷コストが割安になるので書類などを多く印刷する職場などで活躍するでしょう。