インクジェットプリンタの仕組みを解説します

プリンターといえばとても高度な機械で、印刷を専門とする業者が用いたり、そこそこの規模を持つ会社が導入するイメージが以前はありましたが、現在では家庭用の格安なプリンターが随分と普及していますので、とても身近な存在として浸透しています。写真や年賀状、ラベルなどの印刷に手軽に使えるプリンターではあるものの、家庭用などの比較的安価な機器の多くでインクジェットプリンタが使われています。インクを使って印刷するようにしますが、その仕組みついて詳しく知っていると、普段使っているプリンターへの理解度が高まります。このタイプのプリンターは方式がもっと細かく分類されているのが特徴です。方式はそれぞれ特徴を持っていますので、これから内容について解説していきます。

オフィス用と家庭用に使われる方式

インクジェットプリンタの基本的な仕組みですが、タンクに入っている粒子状のインクをノズルから噴射して対象物に色をつけ、印刷するようになっています。コンティニュアス型とオンデマンド型に分かれており、オンデマンド型は更に細かく分類されてバルブ方式とサーマル方式、ピエゾ方式の3つが存在します。家庭用やオフィス用など一般的に普及しているプリンターの多くが、サーマル方式とピエゾ方式による機器です。サーマル方式はインクに熱を加え、インクの中に気泡を作ります。気泡によってインクがノズルから外に噴射されて印刷します。小型化がしやすく、解像度を高く出来るのがメリットです。ピエゾ方式はインクに電圧を加えて、体積が変化することで中のインクがノズルから外に噴射されます。

産業用は紙以外でも印刷できる!

大量生産や高度な技術に利用されるのが、バルブ方式やコンティニュアス型の産業用のインクジェットプリンタです。家庭用やオフィス用は紙への印刷が主になりますが、産業用だとフィルムやペットボトルといった他の材質にも印刷が可能です。バルブ方式はバルブを開閉させながら、中のインクに圧力を加えて噴射させます。遠くまでインクを飛ばせる性質を持ちます。コンティニュアス型はポンプを使ってインクを噴射させ、噴射させたインクを帯電させた後に、電極によって噴射角度を調整して印刷します。角度がつかなかったインクは再びインクタンクに戻りますので、無駄がありません。インクの乾きがとても早く、粘度のあるインクが使えます。産業用のプリンターはヘッドが移動しない仕組みのため、対象物が動いていても高速で印刷できます。

スクリーン印刷業40年の経験と技術により、看板に求められるカラー再現には自信があります。 サイトでは商品の用途や特徴、価格など詳細情報をご確認いただけます。 お支払いの際の振込手数料等はいずれも無料となっております。 HPでは、便利な「データ便」からのデータ入稿の方法について紹介しております。 会員登録をしていただくと、次回のご注文から注文者様情報の入力が不要になります。 インクジェットの美しい印刷お任せ下さい